スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビーッグビッグビッグビッグキャーメラ!

どうもこんにちわー

田中勇者です。

今日ですねー

WRで野良ってたら某ゲスト部屋に入ったときに

「あっ勇者きた!」

とか言われましたねん

あれもしかして俺知られてる?みたいな

まぁマイナーな人間的には名前を呼ばれる行為が嬉しいという悲しい事実みたいな?

まぁそんな小さなことはどうでもいいのです。(自分の中では結構でかい



今日は僕が所属してるクランについて少々語ろうかと。

マスターから名前だしの許可をいただいたものでして。

僕が所属してるクランは

喜怒哀楽

というクランで。

赤い感じの哀というクランマークでもって活動しております。

ぇー入団の経緯といいますのは、

プチ引退から帰ってきて4日くらいたったころですかね、

クラン戦が恋しくなったというか人肌が恋しくなったというか

クランに入りたくなったんですね。

そこでとあるクランのゲスト戦部屋に入ったんですね。

勧誘○みたいなことが書いてあって

あわよくば誘われないかなーなんて画策しながら部屋に突入。

なんか調子こいて13キル2デスくらいの成績だったもんで

これは勧誘されるかもなんてめちゃくちゃ期待してたらスルー

・・・ざまぁ・・・(笑)

まぁそんなこんなで募集部屋を改めて探しているとですね、

喜怒哀楽募集部屋というものを発見。

プチ引退前に聞いたことあるクラン名でしたし

結構有名なイメージがあったもので

俺が行ってもダメじゃね・・・?

試験とかいって戦闘あろうものなら即さいならだぜ・・・

と思いながら部屋へ入ってみるとー

皆さんのレベルがごついっ

当時の僕は20レベルくらいだったもんで

皆さんレベルたけぇええええと思いながら

聞かれたことに答えていく・・・

すげぇ丁寧だなーとか思いながらいろいろ答えているうちに

「では申請してください。」

・・・・・・・・・へ?

思わず「実戦試験などはないのでしょうか?」

とか聞いてしまったんですが

ありませんよだなんてなんてまぁ嬉しいこと嬉しいこと

喜怒哀楽の喜ですね!

てなわけで入団ーといった感じですか。

ちなみに今回はプロローグということで。

こっから第一章~喜怒哀楽メンバーとの邂逅~

が始まります。

すべて読みますか?

 はい
→いいえ

では次回

第一章~未知との邂逅~

お楽しみに!
スポンサーサイト

comment

No title

喜怒哀楽はいいよねーw
もうねーモスチキンってかんじ
byハミングさん
Secret

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。