スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょーす

どうもどうもこんにちは田中勇者です。

1次試験終わったし遊ぶぞーブログも書くぞー!

とおもっていたら

遊んでばっかでこっち放置でしたねすいません。





まずWR

復活早々はひどかったですね

学習机から低いテーブルに変わったことも相まって

乙AIMってました。

今ではだいぶよくなったんですがね。

それでも近接戦はAIMが追いつかないなんてことが多々あります。

立ち回りに関してもだいぶ自分の動きが自然にできるようになってきました。

まだまだ「そこでそんな動きするか?」と自分自身の動きに疑問を持つことがありますがね。

それでもだいぶそれっぽくなってきた気がします。

そんでもってPSG三昧の日々ではありますが、

やはりわたくしは戦闘兵のほうがマシな気がします。

それでもスナが必要な状況でスナができる程度にはなりたいですけどね。








さてRS。

橙鯖に戻って活動中です。

今は支援WIZを育てています。

過疎の進行が祟ってか狩り場と呼べるものは皆無なので友人に手伝ってもらってるわけですが。

やっと60になりました。

これからは狩り場があるんで自力でがんばりたいと思います。

まだまだ先は長いですね。

課金する金もないですし。

大変です。







そしてそして、本日のメイン記事。

いくぜ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あくる日のこと。

喜怒哀楽のクランメンバーである千葉さんから

「田中はポイントが貯まったのでなんか送るねー」

と、言われた。

む...

わたしが何か褒められるようなことでもしたというのだろうか。

心当たりが全くないまま

「はい、楽しみにしています。」

と答える。

「食べ物系とギャグ系、どっちがいーい?」

と聞かれたので

「ギャグ系で!」

と答える。

これは楽しみだ。

そして数日後。

ピンポーン

「ぉ、きたきた」

思わず舌なめずりをしながら宅配員に応対する。

宅配員が持っているのはプチプチのビニールに包まれた二つの箱だ。

ビニールの薄い部分から中が見えるが

なにやらPSPとか有線ルータとか書いてある。

え?まじ・・・?

これがまじもんならとんでもねぇぜ!

とか思いながら品を受け取り部屋に戻る。

もどってすぐにマイクに向かって

「千葉さん、なんかすごいものが届きました!」

という。すごい興奮してたんじゃないかと思う。

すると千葉さんはいつもののほほーんとした声で

「んー、何が届いたんだい?」

と問う。

「―――っ」

答えようとして気づく。

そうだ、自分はギャグ系と頼んだではないか。

そして冷静にビニールに張ってある紙の品名の欄を見る。

まずPSPの箱のほう。

・・・箱。

箱?

品名が箱だと・・・?

次、ルータのほう。

LEDライト。

なるほど、解決。

箱と中身は別物か。

「箱とLEDライトって書いてあります!」

・・・危なく罠にはまるとこだったぜ。

いや、興奮した時点ではまっていたか。

とりあえず開封だ。

・・・・・。

PSPの箱は本当に箱だった。

箱。

中身も何もないただの箱。

たしかにギャグだ。

ギャグすぎる・・・。

かつてこれほどのギャグがあっただろうか。

ギャグのために箱だけを送る。

もちろん送料もかかる。

すばらしい。さすが千葉さんだ。

しかも話を聞いているとどうやらもうひとつのほうとは別で送る気だったらしい。

となると送料は別。

もっと恐ろしい。

そんなことを思いながらもうひとつもあける。

なんだかレトロな銃をモチーフにした何かが出てきた。

これがLEDライトか。

とりあえずつけてみよう・・・ん?

なにやら引鉄だけではなく撃鉄の方も動く設計になっているようだ。

ライト以外にも機能があるのか?

撃鉄ポチ。

ピカッ!!!!

ライトがついた。

銃のサイズからは想像し難い光力だ。

さて、引鉄を引くとどうなるんだろうか。

カチャ―

「に゛ゃ゛ぁぁぁ!!!」

ビリビリと電撃が走る。

しかしにゃぁぁとは。

猫みたいな女の子が好きなんて抜かしていたが俺が猫だったからか、納得。

それにしてもすげぇびっくりした。

またやられた。

さすが千葉さんだと本日何度目かの感想を抱く。

それからまた箱を覗くと今度はTシャツがでてきた。

白地になにか文字がプリントされている。

おれのものはおれのもの。おまえのものはおれのもの。

すげぇ、ジャイアンだ。

修学旅行で京都に行ったとき似たようなものを目にしたが

まさか自分で持つことになるとは。

これはぜひ着たい。

さていつ着てやろうかと舌なめずり。

中学の時のように体育のシャツが自由ならよかったものをと悔やむ。

あまり友人にみせる機会はなさそうだ。

しかし良いものを手に入れた。

とことんギャグに走った素晴らしい贈り物だ、と

千葉さんに感謝しまくる田中勇者であった。



とまぁこんな感じで千葉さんから贈り物がきたわけです。

千葉さん感謝感謝。




それではこのへんで。

しゆー
スポンサーサイト

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。